医療従事者様へ
  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 研修・その他

研修・その他

講習会・研修会、連絡会議等を通じ最新情報と研修の場を提供しています。

東北ブロックエイズ拠点病院である仙台医療センターに寄せられる情報を東北各拠点病院に文書にて通知しています。
東北ブロックではエイズ拠点病院等連絡会議を年2回開催しています。仙台市以外の地方で年1回、もう1回を仙台医療センターで開催しております。また、看護研修(年1回)・薬剤師会議(年1回)・心理職福祉職会議(年1回)・臨床カンファレンス(年1回)・東北HIV診療ネットワーク会議(年1回)を開催し東北拠点病院間の連携強化に努めておいます。ほかに随時講演会や研修会・勉強会なども含めHPで告知しています。
エイズ/HIV関連の講演会等ございましたら、ご連絡ください。

「11/6(火)30年度東北ブロック・エイズ拠点病院等連絡会議」について

日時

平成30年11月6日(火) 14時15分〜16時30分

場所仙台医療センター大会議室 
講演

「今年の話題」国立国際医療研究センターACC 田沼順子先生

発表

東北ブロックの連携と長期療養について、宮城県の現状と取り組み など

対象東北ブロック拠点病院担当者・行政担当者

▲ページ先頭へもどる

「10/13(土)東北HIV/AIDS薬剤師・心理福祉会議」について

日時

平成30年10月13日(土) 薬剤師11時-17時10分 心理福祉12時50分-16時10分

場所仙台医療センター 大会議室 ほか
内容特別講演2題と職種別の症例検討グループディスカッションを中心とした分科会
対象東北拠点病院に勤務する薬剤師、心理職・福祉職・精神科医療職、看護師・保健師、行政職
備考

薬剤師は関連単位付与を予定

▲ページ先頭へもどる

「10/5(金)東北HIV/AIDS看護研修〜9/14申込締切」について

日時

平成30年10月5日(金) 10時〜16時30分

場所第1会議室 
内容HIV感染症について、服薬支援、患者の心理・看護、社会資源の活用、事例紹介 等
対象東北ブロック内エイズ拠点病院に勤務する看護師、訪問看護ステーションに勤務する看護師
備考9/14金曜申込締切 
日本エイズ学会認定看護師・指導看護師の教育研修単位(5単位)付与

▲ページ先頭へもどる

「8/25(土)第10回宮城県HIV/AIDS学術講演会@仙台サンプラザ」☆終了しました

日 時

平成30年8月25日(土) 15時〜17時

場 所仙台サンプラザ 3階 クリスタルルーム
内 容
  • 総合司会:伊藤 俊広 仙台医療センターHIV/AIDS包括医療センター室長
  • ●一般講演2題15:00-16:00●
  • 1.「長期治療を見据えた服薬相談の実際」 矢倉裕輝先生 大阪医療センター薬剤部
  • 2.「HIV感染症の現状と課題〜当院の場合〜」大島謙吾先生 東北大学病院 講師
  • ●特別講演16:00-17:00● 
  • 「HIV感染症の最新・最善の治療選択-長期治療を見据えて-」岡 慎一先生 国立国際医療研究センター ACC
  • ☆「日本医師会生涯教育講座」2単位および「日本薬剤師研修センター認定薬剤師研修」1単位
  • ☆エイズ学会「認定医・指導医」「認定看護師・指導看護師」 3点
  • ☆日病薬病院薬学認定薬剤師精度 研修番号?-2(1単位)
  • ☆日本病院薬剤師会が認定する「HIV感染症薬物療法認定薬剤師」1単位。単位希望のかたは確認テストを行うとともに申請料500円を徴収させていただきます。
  • ☆共催:公益財団法人一迫記念READ血液アカデミー/宮城県病院薬剤師会/MSD株式会社

▲ページ先頭へもどる

「30年度HIV包括医療センター出張研修」☆募集終了しました

 仙台医療センターでは、ブロック拠点病院としてHIV医療の均てん化を図ることを目的とするHIV出張研修を実施しています。

 当院HIV/AIDS包括医療センタースタッフがご希望施設(東北ブロック内拠点病院)に伺い、講義・意見交換・症例検討等をおこないます。派遣に伴う講師謝金・旅費、参加費等依頼施設の費用負担はありません。講演内容や発表スタイルなど派遣先のご希望や実状を伺い、それに沿った形にて企画いたします。

 ☆30年度派遣日6月15日金曜(募集終了・施設決定)、7月20日金曜(募集終了・施設決定)、10月19日金曜(募集中)

 拠点病院の施設長あてにご案内を発送いたしましたので、詳細ご確認いただき、先生方・看護部・薬剤部等この研修をご活用いただければ幸いです。

 なお詳細はご案内文書の実施要項をご参照ください。お申込みをお待ちしております!!

 照会先:HIV/AIDS包括医療センター(担当 鈴木(智)) 電話022-293-1111

▲ページ先頭へもどる

「HIV実地研修-看護師ケアカンファレンス」☆募集終了しました

実施期間

2日間(木-金曜) 9月27日-28日および10月25日-26日※各期間2名まで、8月10日締切

場  所仙台医療センター感染症内科
内  容

実際の外来診療において多職種連携の必要性と看護師の役割を理解する。事例検討を行う。

対  象東北の拠点病院・中核拠点病院に勤務し、HIV感染者を担当している、または将来担当する看護師※1施設1名まで応募可。既に「東北HIV/AIDS看護研修」または「HIV/AIDS包括医療センター出張研修」を受講した看護師(HIV基礎座学終了者)が望ましい。
備  考

基礎講義座学はありません。応募締切等の詳細は拠点病院施設長あて文書をご確認ください。

日本エイズ学会認定看護師・指導看護師の教育研修単位(10単位)付与予定。
問合せ:HIV/AIDS包括医療センター事務 鈴木 

▲ページ先頭へもどる

「6/26(火)東北ブロック・エイズ拠点病院等連絡会議@山形」☆終了しました

日時

平成30年6月26日(火) 13時〜16時

場所山形テルサ 大会議室 http://www.yamagataterrsa.or.jp/access/
講演

国立国際医療研究センターACC 青木孝弘先生

発表

山形県の現状と取り組み〜医療・行政の立場から〜、参加者意見交換会 他

対象東北ブロック拠点病院担当者・行政担当者

▲ページ先頭へもどる

「2/3(土)東北HIVカンファレンス」☆終了しました

東北エイズ/HIV臨床カンファレンスご案内を、拠点病院長あてに送付いたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます。(なお入場は事前参加申込みのあった医療者のみとなります。)

◆開催日時:平成30年2月3日(土)13時〜16時30分

◆開催場所:TKPガーデンシティ仙台 ホール13B  注意:当院会議室ではないのでご留意ください。

◆特別講演:「男性同性間HIV感染の現状と対策〜地方都市で取組むべき課題」

         市川誠一先生(人間環境大学特任教授)

      「信州医療センターでのHIV担当薬剤師のかかわり」

         宮島寛幸先生(長野県立信州医療センター薬剤科)

◆一般演題:担当県「山形県」

 仙台医療センター HIV/AIDS包括医療センター

▲ページ先頭へもどる

「1/27(土)東北HIV歯科診療拠点病院等連絡協議会」☆終了しました

日 時

平成30年1月27日(土) 13時〜16時

場 所第一会議室
講演・発表

☆講演「出血性素因としての血友病診療のトレンドとHIV感染症」

  仙台医療センターHIV/AIDS包括医療センター伊藤室長

◆症例発表 仙台医療センター歯科口腔外科 平山歯科医師

◆研究発表 仙台医療センター歯科口腔外科 平吹歯科衛生士

協議会

東北ブロック拠点および中核拠点病院・拠点病院の歯科診療についての現状報告、質疑応答 など

対 象東北拠点病院ならびに関連歯科大学病院等 歯科医師・歯科衛生士・看護師 ※仙台医療センター・厚生労働科学研究医療体制班共催

▲ページ先頭へもどる

「がんとエイズのケア包括支援のガイドブック(医療者向け)」について

平成27年度日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 エイズ対策実用化研究事業「HIV感染者の長期予後を規定とするエイズリンパ腫の全国規模多施設共同臨床試験の展開と包括医療体制の確立」班(研究開発分担者 矢永由里子 慶應義塾大学医学部感染制御センター)では、別添「がんとエイズのケア包括支援のガイドブック〜悪性リンパ腫とHIV感染症」を作成し公開しています(エイズ予防情報ネットより)


悪性リンパ腫を合併したHIV感染者のケアにあたる多職種医療者を対象とし、明確にポイントを押さえた分かりやすい内容となっております。リンパ腫以外の合併症においても大変参考となりますので、各職場にてご活用いただければと存じます。


がんとエイズのケア包括支援のガイドブック〜悪性リンパ腫とHIV感染症◆エイズ予防情報ネットよりリンク


▲ページ先頭へもどる

「≪重要≫血友病薬害被害者手帳」について

★☆血友病薬害被害者手帳★☆

  • 平成28年3月より上記手帳が希望者あてに厚生労働省より配布されております。厚生労働省はばたき福祉事業団のサイトをご確認ください。
  • 都道府県衛生主管部長およびエイズブロック拠点病院・中核拠点病院・拠点病院長あてには平成28年3月22日付け文書薬生副発0322第1号により、厚生労働省医薬・生活衛生局総務課医薬品副作用被害対策室長名にて、血友病薬害被害者手帳についての周知依頼が通知されております
  • 診療看護および会計事務に係る職員、ケースワーカーには内容等ご確認いただきますようお願いいたします。
  • 被害者救済のために行われている各種施策につきまして、円滑な業務がなされますよう、ご対応のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

▲ページ先頭へもどる

「5/20(金)HIV出張研修@秋田大学医学部附属病院」☆終了しました

仙台医療センターでは、東北ブロックエイズ拠点病院としてHIV医療の均てん化を図ることを目的とするHIV出張研修を行っております。

当院HIV/AIDS包括医療センタースタッフがご希望施設に伺い、意見交換・症例検討・講義等をおこないます

今年度第1回のHIV出張研修を以下の日程にて開催することにいたしました。多数ご参加くださいますよう、ご案内いたします。

  • ☆日 時:平成28年5月20日(金)17:30-19:45
  • ☆場 所:秋田大学医学部附属病院 新病棟2階 多目的室、基礎棟2階 第二会議室
  • ☆内 容:HIV感染症の基礎知識(ICT講演会)、HIVチーム医療の実際ほか 当院HIV/AIDS包括医療センタースタッフが講演いたします。

照会先:HIV/AIDS包括医療センター事務 鈴木 電話022-293-1111

▲ページ先頭へもどる

「2/6(土)東北エイズ/HIV臨床カンファレンス」☆終了しました

日時

平成28年2月6日(日) 13時〜16時30分

場所仙台医療センター大会議室
特別講演1

「早期診断と早期治療につながるHIV検査の推進について」慶應義塾大学医学部 加藤真吾先生

特別講演2

「地方中核拠点病院のHIV診療における薬剤師の役割」福井大学医学部附属病院薬剤部 五十嵐敏明先生

特別講演2題、ほか一般演題あり。参加対象は医療従事者、事前申し込みが必要です。

▲ページ先頭へもどる

「9/19(土)第55回みやぎ薬剤師学術研修会(HIV講演あり)」☆終了しました

日 時

平成27年9月19日(土) 14:30-17:40 

場 所宮城県薬剤師会館 3階 セミナーホール ※詳細プログラムはこちら
内 容

イントロダクション「学校薬剤師と病院薬剤師の連携による性感染症予防啓発調査報告」広島大学病院薬剤部副薬剤部長 畝井浩子先生

  1. 特別講演「HIV/AIDSの基礎と最新のトピック」大阪医療センター感染症内科 矢嶋敬史郎先生
  2. 特別講演「≪ダメ。ゼッタイ。≫で終わらせない薬物乱用防止教育:性感染症とのつながりも含めて」国立精神・神経医療研究センター 嶋根卓也先生

※詳細プログラムはこちら

共 催宮城県薬剤師会・宮城県病院薬剤師会・鳥居薬品株式会社
参加費宮城県薬剤師会会員・宮城県病院薬剤師会会員・薬学部学生は無料。その他非会員は1,000円となります。

▲ページ先頭へもどる

「針刺し後のHIV感染予防薬配備(宮城県サイトリンク)」について

  • (宮城県医療機関向け)県では,医療機関等で針刺し事故が発生した場合のHIV感染防止を図るため,「針刺し後のHIV感染防止体制の整備について」(平成11年8月30日付け健医疾発第90号,医薬安第105号)で必要とされるエイズ予防薬(以下「予防薬」という。)を購入,備蓄することにより,医療機関等からの予防薬の供給依頼に速やかに対応することとしています。医師会等を通じその配備等につき、通知にて周知されているところですが、宮城県疾病・感染対策室において、Web公開されておりますので、リンクいたします。
  • (参考)宮城県疾病・感染対策室 5.HIV/AIDS等性感染症について(2)医療機関における針刺し後のHIV感染予防薬の配備について

▲ページ先頭へもどる

「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」について

▲ページ先頭へもどる