患者さんへ
  1. HOME
  2. 患者さんへ
  3. お薬の部屋

お薬の部屋


日和見感染症のお薬

免疫機能低下により発症する可能性のある日和見感染症の予防・治療を行います。

  • バクタ®(スルファメトキサゾール・トリメトプリム)
    ニューモシスチス肺炎(CD4数<200μl )、トキソプラズマ脳症(CD4数<100μl )
  • ジスロマック®(アジスロマイシン)・クラリス®(クラリスロマイシン)
    播種性非定型抗酸菌症(CD4数<50μl )
  • ジフルカン®(フルコナゾール)
    カンジタ症

▲ページ先頭へもどる

HIVのお薬の歴史と種類

HIVお薬の歴史と種類 1日1回1錠時代が到来しています

抗HIV薬の種類として、以下の5種類があります。

  1. 核酸系逆転写酵素阻害剤(NRTI)
  2. 非核酸系逆転写酵素阻害剤(NNRTI)
  3. プロテアーゼ阻害剤(PI)
  4. インテグラーゼ阻害剤(INSTI)
  5. 侵入阻止剤(CCR5阻害剤)

▲ページ先頭へもどる

現在日本で承認されているお薬(2016年6月現在)

ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(NRTI)
一般名 商品名 略称
ジドブジン レトロビルカプセル® AZTまたはZDV 1987年11月
ジダノシン ヴァイデックスECカプセル/錠® ddI 1992年7月
ラミブジン エピビル錠® 3TC 1997年2月
サニルブジン ゼリットカプセル® d4T 1997年7月
ジドブジンとラミブジンの合剤 コンビビル錠® AZT+3TCまたはCBV 1999年6月
アバカビル ザイアジェン錠® ABC 1999年9月
テノホビル ビリアード錠® TDF 2004年4月
ラミブジンとアバカビルの合剤 エプジコム錠® 3TC+ABCまたはEPZ 2005年1月
エムトリシタビン エムトリバカプセル® FTC 2005年4月
エムトリシタビンとテノホビルの合剤 ツルバダ錠® TDF+FTCまたはTVD 2005年4月
非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(NNRTI)
一般名 商品名 略称
ネビラピン ビラミューン錠® NVP 1998年12月
エファビレンツ ストックリンカプセル/錠® EFV 1999年9月
エトラビリン インテレンス錠® ETR 2009年1月
リルピビリン エジュラント錠® RPV 2012年5月
リルピビリン、エムトリシタビン、テノホビルの合剤 コムプレラ配合錠® CMP(RPV/TDF/FTC) 2014年12月
プロテアーゼ阻害剤(PI)
一般名 商品名 略称
インジナビル クリキシバンカプセル® IDV 1997年4月
サキナビル インビラーゼカプセル/錠® SQV-HGC 1997年9月
ネルフィナビル ビラセプト錠® NFV 1998年3月
リトナビル ノービア・ソフトカプセル/リキッド® RTV 1999年9月
ロピナビル(少量リトナビル含有) カレトラ錠/リキッド® LPV/r 2000年12月
アタザナビル レイアタッツカプセル® ATV 2004年1月
ホスアンプレナビル レクシヴァ錠® FPV 2005年1月
ダルナビル プリジスタ錠(300mg)® DRV 2007年11月
プリジスタ錠(600mg)® DRV 2014年12月
プリジスタナイーブ錠(800mg)® DRV 2013年11月
インテグラーゼ阻害剤(INSTI)
一般名 商品名 略称
ラルテグラビル アイセントレス錠® RAL 2008年6月
エルビテグラビル、コビシスタット、エムトリシタビン、テノホビルジソプロキシルフマル酸塩の合剤 スタリビルド配合錠® STB
(EVG/cobi/FTC/TDF)
2013年5月
ドルテグラビル テビケイ錠® DTG 2014年3月
ドルテグラビル、アバカビル、ラミブジンの合剤 トリーメク配合錠® TRI(DTG/ABC/3TC) 2015年3月
エルビテグラビル、コビシスタット、エムトリシタビン、テノホビルアラフェナミドフマル酸塩の合剤 ゲンボイヤ配合錠® GEN
(EVG/cobi/FTC/TAF)
2016年6月
侵入阻止剤(CCR5阻害剤)
一般名 商品名 略称
マラビロク シーエルセントリ錠® MVC 2009年1月

▲ページ先頭へもどる

副作用が気になるのだけど…

お薬によって副作用が生じることがあります。服用開始後に副作用が生じた場合には、自己判断で内服を中止せずにすぐ主治医・薬剤師に相談しましょう。

▲ページ先頭へもどる

他の薬や食事の影響や保管場所

抗HIV薬には他のお薬と相互作用があるもの、食事の影響をうけるもの、冷蔵庫での保管が必要なものがあります。また、抗HIV薬には併用してはいけないお薬や併用に注意が必要なお薬があります。主治医・薬剤師の説明を十分に受け、併用禁忌・注意リストをもらいましょう。

薬の保管について(詳しくは主治医・薬剤師より説明を受けて下さい)

  • 直射日光をさけ湿気の少ないところに保管しましょう。
  • 冷所保存のお薬としてカレトラ・リキッドなどがあります。

他の薬や食事の影響のあるもの
(一部を紹介します。これらが全てではありませんので、詳しくは主治医・薬剤師より説明を受けて下さい)

PDF 抗HIV薬に関連する薬物相互作用一覧使用の手引き
PDF 精神科薬剤と抗HIV薬の相互作用一覧
PDF 抗HIV薬併用禁忌薬一覧

  • ddI、IDV、ATV、DRV、RPV、STB、CMP、GENは、食事の影響により吸収率が低下するので、食間もしくは食後30分以内に服用するようにしましょう。
  • NFVは空腹時に服用すると、吸収率が低下します。必ず、食後に服用するようにしましょう。
  • SQVは、グレープフルーツジュースにより血中濃度が急激に上昇するので、飲用はさけるようにしましょう。
  • IDVは副作用症状である尿路結石、腎障害を予防するため、1日最低1.5リットル以上の水分を補給してください。
  • IDVはグレープフルーツジュースにより血中濃度が減少するので、飲用はさけるようにしましょう。EFVは、高脂肪食摂取後に服用すると、血中濃度が急激に上昇するので、高脂肪の食事後は2~3時間空けるようにしましょう。
  • プロテアーゼ阻害剤服用時、高血糖・高脂血症などの副作用が現れることがあります。高血糖になると、口渇・多飲・多尿などの症状が出ることがあります。このような症状がでたら、担当医師・薬剤師にご相談下さい。
  • ATV、RPV、CMPは胃酸の分泌を抑制する薬「プロトンポンプ阻害剤」例)タケプロン、パリエット、ネキシウムなどにより吸収が低下するので、併用はさけるようにしましょう。

▲ページ先頭へもどる