患者さんへ
  1. HOME
  2. 患者さんへ
  3. お薬の部屋

お薬の部屋

~ご挨拶とご使用にあたって~

仙台医療センターHIV外来担当薬剤師から皆様へ

お気軽にご相談下さい。

お薬の部屋にようこそ!! HIVのお薬ってどんなお薬だろう?どのくらい飲むのかな?等色々疑問をもたれているかと思います。
世の中には、様々なお薬がありますね。風邪を引いた時に飲むお薬や痛みがあるときに飲むお薬は、数日間や症状がある時にしか内服しませんが、
HIVのお薬は、確実な内服を毎日継続することがとても大切です。中途半端な内服は、耐性ウイルス(薬の効かないウイルス)の出現を招く危険性があります。

抗HIV薬は、HAART療法といって数種類のお薬の組み合わせで内服します。選ぶ組み合わせによって内服する錠数や回数、副作用なども違ってきます。確実な内服を継続するために、内服開始にあたっては、あなたの生活パターンを考えた上で実際に実行できる組み合わせを医療従事者(主治医、薬剤師、看護師、カウンセラー等)と十分話し合いましょう。

当院では、外来担当薬剤師が外来に通院されています患者様の服薬支援を行っております。

ご利用にあたって

ホームページの内容で自己診断せずに、体調がすぐれない場合は主治医看護師等の医療従事者にご相談ください。(東北ブロックAIDS/HIV情報ページ「ご利用にあたって」を必ずご覧ください)

▲ページ先頭へもどる