Q&A
  1. HOME
  2. Q&A
  3. 治療などについて

治療などについて


Q. 感染しちゃうと治療法がないの?
A. 薬の開発による三剤併用療法で、エイズの発症を遅らせ、今までどおりの生活を維持することができるようになりました。 早く感染を知ることが大切です。

▲ページ先頭へもどる


Q. エイズワクチンはできていないのですか?
A. 世界で研究・開発が進められていますが、今のところ実用的エイズのワクチンはありません。 現在のところ最も安価で、有効なワクチンはもしかすると、エイズに対する教育・知識かもしれません。

▲ページ先頭へもどる


Q. HIVの治療費って支払いが大変?
A. HIV感染者・エイズ患者と診断された方々は、医療機関の定期的な受診や服薬が必要となりますので、継続的に医療費負担がかかってきます。しかしながら、患者さまの医療費負担を軽くする健康保険や障害者の医療費助成制度(エイズは病気の程度により身体障害者の認定を受けることができます)がありますので、まずは通院先のソーシャルワーカー・医師・看護師にご相談ください。

▲ページ先頭へもどる


Q. 医療費助成制度の主なものは?
A.
  • 高額療養費支給制度
    病院で支払った医療費が国で定めた限度額を超えた場合、その超えた額が健康保険への申請により戻ってくる制度。
  • 障害者自立支援医療
    身体障害者手帳を持ち、その障害の改善のため受ける治療に対して、医療費が助成される制度。

▲ページ先頭へもどる